動作環境

MarketPlanner GISをインストールするには、以下の環境が必要です。※1

標準一部機能および用途※2
OS
  • Windows 10 Home、Pro、Enterprise(64-bit)(日本語版)
  • Windows 8.1 Basic、Pro、Enterprise(64-bit)(日本語版)
その他のソフトウェア .NET Framework 4.5.2以上※3(日本語版)
Microsoft Internet Explorer 11(日本語版)
Microsoft Excel 2010※4、2013 、2016、2019※5(日本語版)
CPU
  • インテル CORE iシリーズプロセッサー 2.2GHz 2コア以上
  • インテル Xeonプロセッサー 2.2GHz 2コア以上
  • インテル CORE iシリーズプロセッサー 3.0GHz 4コア以上
  • インテル Xeonプロセッサー 3.0GHz 4コア以上
メモリ 4GB以上 8GB以上
仮想メモリ 物理メモリと同等以上※6

※1最新バージョンでの動作環境です。
※2拠点分析機能を利用する場合または大量データを用いた分析や複数拠点にて一括で処理する場合の動作環境はこちらの項目をご参照ください。
拠点分析機能は、「道路距離・運転時間による商圏分析機能(オプション)」に含まれます。
※3Windows 8.1には標準搭載されていないため、MarketPlanner GISをインストールする際に同時にインストールされます。
※4Microsoft Excel 2010については、2020年10月13日のMicrosoft社サポート終了までとなります。
※5Microsoft Excel 2019のシステム要件に準拠し、Windows 8.1ではサポート対象外となります。
※6仮想メモリの設定を特に変更しなければ、OSの制御により自動で物理メモリと同等に設定されます。
ディスク容量

MarketPlanner GISをインストールするためには、最低限以下のHDD容量が必要となります。

標準版 22GB
道路ネットワーク版 25GB

標準版の容量は、全ての統計情報をインストールした場合の容量です。
道路ネットワーク版の容量は、標準版+道路ネットワークデータをインストールした場合の容量です。

なお、安定稼働のため、HDDの空き容量は以下を維持してください。
OSがインストールされているHDDの空き容量は、ご利用中も常時10GB以上確保してください。
プロジェクトを保存するHDDの空き容量は、データ量の増加に備えて100GB程度確保してください。